It’s not always easier to speak in my native language

私は母国語が英語です。ということは英語で話すことは楽です。。。か?

実は、かならずそういうわけではない。

もちろん、日本語より英語のほうがうまく使える。日本語はまだ勉強中なんだけど、会話では二人が必要。私は一人だけ。もう一人の大事な人がいる。それはもちろん相手のことだ。

もし相手がスムーズに英語話せる、ほとんど何言っても理解できる人だったら、英語で話すことはだいたい楽になると思う。でも、相手は英語の日常語彙ぐらいも分からない、考えずに話せない人だったら、私には日本語のほうが楽。なぜかと聞いたら、相手は何が分かるか知らなかったら私の方は本当に気をつけなければ、通じない言葉ばっかりを使ってしまう。それで、その気をつけることでとても疲れる。

それって私どうやって判断する?

ほとんどの人は英語がスムーズに使えれば、自信がある。その自信が話し方で分かりやすい。それから、たいてい英語が話せれば、私に声をかける時英語でする。なので、英語で話がかけられて、自信の持ちそうな人だったら、私は比較的に気をつけずに普通の英語で答えってもよいと思う。そこからどれぐらい英語で話せるかはすぐ分かってくる。

日本語で話されたら、すぐに日本語で答える。思わずに日本語で答える。間違えがいっぱいあるかもしれないけど、言いたい意味がだいたい通じるので、それは会話にとって十分だと思う。

会話で一番大事なことは相手が分かるように話すこと。それを優先して、状況をみて、話し方を合わせる。

Advertisements

Leave a comment

Filed under education, issues, Japan, personal, teaching

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s